完全歩合制のネイルサロンは必ず失敗する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

完全歩合制の給与体系はダメ!

完全歩合制の給与体系はダメだった。

私のお店は、完全歩合制のネイルサロンだった。

当時流行っていた、完全歩合制美容室の真似をした形だ。

ネイルサロンでも同じように上手くいくだろうと思っていたのだが。

現実はそう甘くはなかった。

なぜダメだったのか?

そもそも完全歩合制のお店が成り立つのは

沢山のお客さんが来てくれる業種だけ。

美容室は、乱立はしているが需要がネイルよりもはるか多くある。

だから、集客さえすればそれなりにお客さんも来る。

しかし、ネイルサロンはどうだろうか?

正直、美容室ほどの需要は見込まれない。

悪い言い方をすれば、無くても良い業種なのかもしれない。

ネイルは、ヘアよりも、マストではない。

それに、ネイリストが施術しなくても

マニキュアを遣えば、一般の方でもある程度のネイルアートは出来てしまうワケで。

よっぽどのことが無い限り、

「ネイルサロンに行こう!」

って事にはならない様だ。

ネイルサロンに通っている人は本当に一部。

ネイルサロンは、少ないパイをお店同士で取り合っているだけ。

全体としての売上は頭打ち。

逆にセルフジェルネイルをする人も増えてきたので、

減っていると言ってもよいだろう。

お客さんが溢れる様な状態でなければ、完全歩合制の給与体系は成り立たないと言う事だ。

ネイリストは稼げない

お客さんが少ないと言う事は、

ネイリストの報酬も少ないと言う事になる。

経営者としては、固定給を払わなくて良いので運転資金に余裕が生まれるが、

売り上げが上がらない分、利益も出ない。

そして、ネイリストは稼げない事に気付き、どんどん辞めていく。

ネイリストがいなければ、ネイルサロン運営は不可能なので

閉店と言う事になるのだ。

固定給

少なくてもよいので、最低保証給もしくは固定給は

設定しておいたほうが良いだろう。

そうしなければ、ネイルサロンで最も大切な

ネイリストという人材が去っていき、集まらない。

完全歩合制、完全出来高制、は無理だ。

忙しければ儲かるが、暇だと最悪な状況に陥るので。

ネイリスト自身も、安定を求めている人が多いだろうから。

ベストな選択

今思えば、固定給をきちんと設定しておくべきだった。

やはり、お店に売り上げを上げてくれるのはネイリストなので、

そのネイリストが安心して働ける土壌を作ってあげるのが経営者の仕事という事なのだろう。

お店の利益を優先し過ぎてはダメ。

まあ、これは技術職ならではなのか・・・

業種によって、その辺はベストな給与体系を選択するべきだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*