ネイルサロン経営失敗の原因が判明しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ネイリストを雇うのは大変

今思えば・・・

ちょっとネイリストを多く雇い過ぎたな~。

まあ、雇っていたと言っても完全歩合制のお店なので、給料は払っていなかったのですが。

ネイリストには、売り上げの40%を渡すという業務委託契約でやっていました。

当時、まだネイルサロンは少なく、世間的にも流行っていたので上手くいくと思っていたんです。

しかし!

全くお客さんが来ず・・・

お客さんが来ないと、ネイリストは売上を上げる事が出来ない。

と言う事は、報酬も発生しないと言う事です。

オーナーとしては、固定給を支払わなくていいので、ありがたいのですが

いつまでもネイリストをタダ働きさせている様な事になるので、

色々と問題も出てくるんです。

ネイルサロンにいるだけでは、ネイリストはお金を貰う事が出来ないんですからね~。

本当にただいるだけって時間もあったな~。

完全に趣味状態でした。

最初、ネイリストに働いて貰う前の段階で、

「お客さんが来なければ、給料は出ませんよ。それでもいいのですか?」

という確認だけは取っていましたけどね。

それでも、現実、日給が0円とかだと問題ありますよね。

契約上は、完全歩合制でやっていても労働基準法違反になりますからね。

ちょっとした、拘束もしていましたし。

お店の決まり事も守って貰っていましたから。

そして、お客さんが来てもネイリストの数が多いと取り合いになり、そこでも問題が・・・

そりゃ~、みんなお金を稼ぎたいですよね。

オーナーとしては、誰がいくら売り上げても確実に収入になるので良いのですが、

ネイリストの立場から言ったら最悪な状況だったと思います。

まあ、そんな感じでどうにか営業していたのですが、約1年。

運転資金が尽き、閉店と言う事に。

う~ん。残ったのは、500万円の借金だけ。

お店を閉めるにしても、色々と面倒ですしね。

不動産の原状回復費用。

ネイリストへ、閉店すると言う事を説明。

色々な契約の解約など。

当時は、本当にうつ状態になりましたね。

精神的にかなりきつかった~。

結局、人を雇って商売をすると言う事は本当に大変なんだな~という事を痛感しました。

バンバン売り上げが上がっているときは良いのでしょうが、売り上げが上がらなくなってきたときは地獄です。

ネイルサロンは、お金を掛けずに自分一人で運営すればそれなりに上手くいくと思うのですが、

当時はそんな事は全然考えていませんでした。

失敗の原因はまさにそこだったと今更ながら感じております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*